FC2ブログ

宮里美香が最終奇跡のパットで優勝

  • カテゴリ:ゴルフ
  • コメント:2件
  • トラックバック:0件
mikajo1

日本女子オープンゴルフ選手権は最終ホールの衝撃的なバーディーで沈んだ気分を吹っ切るように宮里美香が1打差で優勝した。

使用された相模原ゴルフクラブ東コースは全体的にフラットな各ホールの特徴が無い昔風のゴルフコースです。 只唯一の問題は大きくてお盆を逆さにしたような典型的な古いゴルフ設計で、グリーンエッジが低くなっていて水はけが良いように作られています。 通常、向かって奥が高くて手前が低いのが殆どですが、ここはグリーンの真ん中ぐらいが高くて周りが低くなっていて水が流れていくような設計です。 それで各プレーヤーがパットに苦しみました。

そんな中で2位に5打差をつけてトップにいた宮里美香は完璧な優勝シナリオが描かれていた中で最終日を迎えました。 私はテレビ放映が始まるころには宮里美香はエビアンの時と同様に崩れてしまって2位グループとの差が無くなっていると予想していました。 エビアンの時もトップで最終日を迎え、ガタ崩れで優勝を逃し、アマチュアのリディアコーにも負けてしまいました。

昨日も同じような展開で最終日崩れて負けると100%思っていましたので、放送が始まって全く予想通りのボキーの連続で貯金を吐き出していました。
一緒に回っていた菊池絵里香はパットが松山英樹同様に冴えわたり、終盤でトップに立つ優勝も視野に入ってきたところでパットが少し強く入り始め2度ボギーが出てしまいました。 トップになって、プレッシャーがかかったのだと思いますが、あのままで行けば菊池が優勝していました。 彼女のスコッティーキャメロンは最高でした。 やはりと言うパットがいくつも続きましたが、プレッシャーで強く出てしまったのが2回あり優勝を逃してしまいました。

最近テレビに映らなくなってきた森田理香子も最終日にバーディーが良く出て68のスコアで4位タイ、又出た下手なチッピングが無ければ1オーバーであわやプレーオフに入れるスコアで終わっていたでしょう。 私が以前指摘した下手な寄せが又出てしまいボギーと言う事で糸が切れてしまいました。
あれ急に何が変わって少しスコアが良くなってきたのかと思っていましたし、この日の最終日もバーディーが良く出てようやく上位に食い込むことが出来ました。 私もようやく彼女の顔が見られました。

森田理香子は私が一番好きな日本の女子プロです。 チッピングとパッティングが悪いのでクラブをタイトリストのウエッジとスコッティーキャメロンのパターに変えろとブログに書いたことがありましたが、私の指示通りパターは変えました。 スコッティーキャメロン、セレクトGOLOのセンターシャフトです。
まさかと思いましたが、グリップにはキャメロンの文字が入っています。 もし出来れば菊池絵里香のようなモデルにしてほしいですが。 これでも大丈夫でしょう。 これからスコアが良くなってきます。 最後にウエッジを変えてほしいです。

宮里美香に話を戻しますと、最終佐伯と菊池などとプレーオフに入ると思っていましたが、あの最終ホールの上からのスライスラインは奇跡のパットで、絶対に入らないパットです。 エビアンで負け、ここで負けてしまえば神も仏もありません。 あのパットが入った時は私も久々のガッツポーズで声が出てしまいました。 キャディーもこれでホッとしたでしょう。 よく優勝しました。 これで少しイライラから解放されます。
スポンサーサイト

石川遼は予選通過が最低条件

  • カテゴリ:ゴルフ
  • コメント:0件
  • トラックバック:0件
web.com1

チキータバナナクラシックは1日目を終了し、石川遼は最低限必要な予選通過に向けて好発進です。 現在、2アンダーの15位タイ、最低の選手は82も叩いていますので、それに比べればいいスコアです。

先週優勝したイメルマンは1オーバーの76位タイで予選通過を目的にする必要もなくなってきました。

ランキング表を確認するとゴールドでハイライトされている選手は既にウェッブドットコムで年間賞金ランキングが25以内の選手でPGA参戦が確定しています。 この人達は年間のウェッブドットコム1位を決める戦いをしていて石川遼たちのPGA生き残り枠を争っているわけではありません。

残りの25名に残るためには賞金が必要で、その順位でPGAに残れるかが決まります。 上位順位を獲得して賞金額を上げて上位に位置することが条件です。  イメルマンはもう確定です。 頑張れ石川。

アーノルドパーマーがスーパーモデルとデート

  • カテゴリ:ゴルフ
  • コメント:0件
  • トラックバック:0件
kateup4
kateup1
kateup5
kateup2
kateup3

スーパーモデルとアーノルドパーマー
先週のゴルフニュースです。

タイガーウッズ、リディアコーがコースで頑張っているのをニュースで見ながらアーノルドパーマーはスーパーモデル、女優のケイトアプトンと自分のコースであるフロリダ州オーランド、ベイヒルクラブ&ロッジで今週ディナーデートと相成った。
アプトンのマネージャー、リサベンソンさんの父親と友達なのが83才になるアーノルドパーマーでスポーツイラストレートのカバーモデルになったケイトと楽しい時間を過ごした。

アーノルドパーマーは彼女が来る前から彼女が表紙を飾っているスポーツイラストレート誌を友人に見せ自慢していたようだ。 パーマーの慈善団体ともパートナーを組んでいくビジネスプランなども話し合われたようである。

うらやましい話です。

ケイトアプトン
1992年6月10日生まれのスーパーモデルで21才、1.78m、ブロンド、目はグリーン、ミシガン州のセントジョーセフ出身です。 サイズは写真で見たほうが分かります。
彼女はミシガン生まれですが、フロリダで育ち、お母さんはテキサス州テニスチャンピオンでテキサスの血が流れています。

最初見た感じがテキサスだったのでバイオを読んでみるとやはりそうでした。

カナダ女子オープン選手権の注目リディアコー

  • カテゴリ:ゴルフ
  • コメント:0件
  • トラックバック:0件
westedmonton1
west edmonton4

カナダ女子オープン選手権の注目リディアコーとその南で行われているフェデックスカップ初戦、バークレーのリバティーナショナル選手権はマッキロイ、タイガーウッズとスコアメイキングのベテラン勢との対決になってきました。

何故こんなにスコアが違ってくるのか何時も見ていて理解しにくいものがあります。

各選手の活躍を見ていきましょう。

(続き)

全米プロゴルフトーナメント、松山英樹と石川遼は予選通過

  • カテゴリ:ゴルフ
  • コメント:0件
  • トラックバック:0件
pgachampion2

全米プロゴルフトーナメント、メジャー最終戦は松山英樹と石川遼がおそろいで予選通過し、少し面白さを残しました。
コースは今日も雨模様のスタートで、後半に入ってきたグループは柔らかいグリーンと重い空気の中でショットの飛距離が微妙に左右される状況で選手によっては難しい展開です。 特にタイガーウッズはショットが決まったり、決まらなかったり、飛ばし屋のコースではないのでドライバーでは飛びすぎ、フェアウェイウッドでは残りが長くなってしまう。

トップ選手が上位に入っていかない、面白くないメジャー(本当はメイジャーと言ってもらいたいのですが、メジャーだとものさしや計測器となってしまいます)になりました。

昔は飛ばなかったのでこのようなコースをよく使っていて、このコースも5年ごとに何らかのメジャートーナメントを開催しています。 典型的な手前から上がっていくグリーンで、昔は水はけを計算して同じようなグリーンのタイプとなりました。

トップのダフナーは9アンダー、クーチャーが8アンダー、アダムスコット、ジャスティンローズが7アンダーで続いています。
石川と松山はイーブンで終了し予選通過しました。 タイガーは未だフィニッシュしていませんが、イーブンと1オーバーを行ったり来たりしています。

今年のメイジャーは本当に面白くありません。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。