FC2ブログ

(21)モービル/コンタクトレス・ペイメント

Nfc

米国の消費者はNFC搭載スマートフォーンやカードを利用するのは遅いようであるが、間もなくインターアクティブ・ディスプレイに表示された商品写真にNFC搭載スマートフォーンを近付けることでオンラインカートに商品を購入出来るようになってくる。 現在、全米7,000店舗以上のサブウェイレストランでは新しい「タップ&ゴー」ペイメントリーダー(支払読取機)を設置し始めておりマスターカードのペイパス機と通じて商品を簡単に購入出来るようになる。
PayPass

ウィキペディア(Wikipedia)の説明ではモービル/コンタクトレスを以下のように説明している。
近距離無線通信(きんきょりむせんつうしん)は、広義には到達距離の短い無線通信を指す。
ただし、日本では狭義に近接場型の無線通信 (near field communication) を指す言葉・訳語として用いられることが普通である。 通信エリアの特徴は、およそ1メートル〜数センチ程度の極短距離となる。
「非接触通信」と同等である。
NFC (Near Field Communication) として知られる無線通信の国際規格である。 NFCは、十数センチの距離での小電力無線通信技術である。 2003年12月に規格化された。

PayPass(ペイパス)は、MasterCardの非接触決済サービスである。
概要
MasterCardが2002年に開始したサービスであり、現在はアメリカ、カナダ、イギリス、フランス、イタリア、スペイン、スイス、トルコ、日本、韓国、中国、台湾、フィリピン、インドネシア、マレーシア、タイ、レバノン、オーストラリアなどで実証試験や本格展開が行われている。 特に普及しているのはアメリカで、ガソリンスタンド、マクドナルド、ドラッグストアなど多くの加盟店で利用する事が出来る。
類似のサービスとしては、VISAのVisa payWave、アメリカンエクスプレスのExpressPayがある。

スポンサーサイト

(20)ロイヤルティープログラム

royaltyprogram

ロイヤルティー・マーケッティング協会によると顧客ロイヤルティは企業買収以外の企業成長貢献の鍵となっている。 又、2012年はこの顧客ロイヤルティが企業にとってトップランクになっているとプロティビティー社も提言している。 しかしビジネスレポートは顧客対応が一番のチャレンジであるとして、グルーポンやリビングソーシャルなど価格ベース中心の戦略は実質の報酬である顧客ロイヤルティから焦点が外れているとして疑問を投げかけている。 ロイヤルティープログラムで収集したデータを使用し、顧客のライフサイクル全ての局面をカバーできるのが成功モデルと言えるのである。
マーケッティング、特に小売業にとってのロイヤルティカード、リワードカード、ポイントカード、アドバンテッジカード、クラブカードはプラスティックやペーパーカードでクレジットカードやデビットカードに似ており、カードの保有者はロイヤルティープログラムのメンバーとしてみなされる。 

(19)トレーダージョーズ

traderjoe

プライベート企業のトレーダージョーは西海岸ロサンゼルスで1958年に創業し、コンビニから食品ストアに成長を遂げ現在は東海岸や他のアーバン地域に存在感を表し始めた。 現在進行するスモールフォーマットを実践してきたトレーダージョーだけに家賃の安い小型居抜きスペースに潜り込みやすく年間40店舗近くの新店を追加してきた。 2010年度は年商80億ドル(8,000億円@100円)、2011年度は85億ドル(8,500億円@100円)、2012年度2月の店舗数が367店舗と自然食、オーガニック専門チェーンのホールフーズと共に好調に成長している。

(18)ミレニアルズ

millenialls

ミレニアルズと言われる世代でジェネレーションYとも呼ばれ、1980年~2000年(学者によって異なるが正確には1977年~1998年の米国7,500万人)世代のショッピング動向は価格の透明性と無限の品揃えを求め、店舗に到着した時にはオンラインで調査済みの商品を購入する。 今までの様々なトリックや衝動買い商品には目もくれないので、このような消費者はバイヤーとして扱う必要があると考えられる。 「DEATH OF THE IMPULSE SHOPPER」「RISE OF THE SURGICAL SHOPPER」 などと呼ばれ、白か黒か、どちらかと言う選択で商品は決定される。
ジェネレーションX(1965~1976年の米国5,100万人)
ベイビーブーマー(1946年~1964年の8,800万人)
サイレントジェネレーション(GIジェネレーション)1946年以前

(17)ディジタルプロダクツ

digitalproducts

事実上のCD生産は2012年末辺りから消えていく運命にあり、EMI、ユニバーサル、ソニーなどもコメントを避けてはいるが現実に起こってくるのである。 映画館自体も消滅していくとはだれも予測していないが現実に消えていくと考えられる。
夜のインターネット利用者がオンライン・ストリーミングで映画を鑑賞し、ネットフリックスだけでも全体の30%を占めている。
新しくて安い巨大TVスクリーンで映画を簡単にストリーミングできるようになってきた。

(16)インストア・ウエッブアクセス

findmore1
findmore2

主要な商品物流の手段として顧客を店舗に誘導するために小売業はセルフサービスのキオスクとワークステーションを顧客に利用させるインストア・ウエッブアクセスを設置し始めた。 例えばJCペニーは42インチのインターアクティブ・プラズマスクリーン「ファインドモア」を設置し250,000オンライン商品を店舗内で選択できるようにした。 ファインドモアにはソーシャルメディアの要素も加え、シーズン商品の鍵となるトレンド記事などを組み込んだ。 顧客はオンラインの試着室で商品を追加し、その情報を自分自身にメールをしたり、友人にメールを出したりすることが出来る。 ファインドモアは商品をオンラインで購入するレジとしても使用され、自宅に郵送したり、店舗で後日ピックアップしたりできるしレシートもプリントアウトできる仕組みになっている。

(15)モービルPOS

mobile pos

店舗でのオペレーションではPOSシステムはコマンドセンターとなり、顧客情報管理、追加推薦購買提案、在庫管理、従業員スケジュール管理、などのアプリケーションをホストしている。 伝統的なPOSテクノロジー、未だ伝統的と呼ぶのは早すぎるかもしれないが、既にスマートフォーンやタブレットを使用するモービルPOSプラットフォームからの脅威を感じ始めている。 モービルPOSはシステム導入コストが低く、ビジネスをスタートする場合や個店のレストランには最適なディバイスとなってきた。 低コストのインベストメントでクールなショッピング環境を顧客に提供することが出来るのである。 チェックアウト時にレジやスタッフを追加することなく、大勢の顧客に対応できる。 モービルコンピュータ、プリンターを使用しスピードと安全性、プロフェッショナリズムを提供する。 顧客満足度が増大し、チェックアウトカウンターの長い列に失望して帰ることが無くなってくるであろう。 既に私もアップルの店舗や未だ日本で発売されていないウィンドウズ・サーフィス(これもアップルと同じ売り方となってくる)で経験済みのモービルPOSで、これが更に小売業で普及してくるであろう。
(Wikipedia) 
販売時点情報管理(はんばいじてんじょうほうかんり)は、物品販売の売上実績を単品単位で集計する経営の実務手法。POSシステム(ピーオーエスシステム、英:POS system, point of sale system)ともいう。
概要
POSシステムは1970年代からアメリカ合衆国において、レジ担当者の不正防止や誤った売価での販売などを防ぐ目的で導入され、先行的に発展した。「POS」は「point of sale」の頭文字で、本来は小売店舗やレジのあるところなど「商取引がおこなわれる場所」を意味する語だが、情報管理の文脈では「商品を販売した時点における情報を管理する経営手法」の意味でこれを用いることが多い。
主にスーパーマーケット、コンビニエンスストア、キヨスク、外食産業、ガソリンスタンド、ホテル、ドラッグストアなどのチェーンストア等で導入され、年々その機能が進化している。近年ではその簡易版が一般商店などにも普及している。
POSシステム導入の最大の利点は、商品名・価格・数量・日時などの販売実績情報を収集して「いつ・どの商品が・どんな価格で・いくつ売れたか」という売れ行き動向が経営者にとって把握しやすくなる点にある。収集する項目はシステムを導入している企業により異なり、そのデータや算出方法は企業秘密となっている場合がほとんどである。またスーパーやコンビニなどでは、購入者の年齢層、性別、当日の天気などまでもデータとして収集していることが知られている。

(14)フェイスブック

facebook

フェイスブックは今まで前例のない人間交流の歴史躍進を成し遂げた。 2011年9月現在、フェイスブックはアクティブなメンバーが8億人以上で毎日の閲覧ページ数が1兆ページ以上、50%以上が常にログインしている状態です。 フェイスブックの小売業サイトへの情報交通量は2011年8月の前年対比で50%アップしています。 それにもかかわらず変換比率は1.2%となりフェイスブックがCRMデータの埋没した資源と言う事を表しています。

(13)リーテイルCRM

小売業CRMの未来を考えるときに可能性と落とし穴の両方がフェイスブックなどに明白に表れている。 CRMの資源としては毎月莫大なページ数を閲覧するフェイスブックは重要であると同時に、テキスト、グラフィックス、各フォーマットが混成されていて解読が非常に難しい。 しかしこの2,3年、小売業CRMへの道が開けたような感触が業界を活気づけてきている。 IBMのワトソン、CIAテロリストモニタリング・アプリケーション、昨年夏にはフェイスブックCRMへの解決策として評判になったマイクロストラテジーなどフェイスブックCRM時代を迎えインターネット開発以来の開発が予想される。
(注:1)IT用語辞典eワード参照
CRM(CUSTOMER RELATIONSHIP MANAGEMENT)
情報システムを応用して企業が顧客と長期的な関係を築く手法のこと。詳細な顧客データベースを元に、商品の売買から保守サービス、問い合わせやクレームへの対応など、個々の顧客とのすべてのやり取りを一貫して管理することにより実現する。顧客のニーズにきめ細かく対応することで、顧客の利便性と満足度を高め、顧客を常連客として囲い込んで収益率の極大化をはかることを目的としている
retail crm

(12)ザッポス

zappos

企業名: ザッポス・ドットコム
本部所在地: ネバダ州ヘンダーソン
年商: 10億ドル(1,000億円@\100)2009年度
概要: 1999年創業のオンラインリーテーラー(最大級のオンライン靴販売)、2009年アマゾンによって買収。
プロスパー・モービルインサイト社の調査ではスマートフォーンやタブレットを何らかのショッピングで使用したという回答が殆どであった。 348台のスマートフォーンとタブレット調査で、67%がロケーションベースクーポンを便利で役に立つと回答し、42%がスマートフォーンやタブレットでバーコードをスキャンしテキストメッセージやプロもコードをキャシヤーに提示するとし、40%がモービルデバイスで直接購買、36%がQRコードをスキャンしていた。
ザッポスは2011年夏の広告キャンペーンで、QRコードを使用して裸の女性をドレスアップするという変わったキャンペーンを打ち出し、ニューヨークのマンハッタン中を裸のモデルがジョッギングしたりスクーターを乗ったり、アウトドア活動をしたりする横に靴以外の商品を提示して購入させるというもので、契約メーカーの中にはリスクが生じるとしてこのキャンペーンから辞退した企業も多かったと言われている。

企業名: ネットフリックス
本部所在地: カリフォルニア州ロスガトス
年商: 32億ドル(3,200億円@\100)2011年度
創業: 1997年
概要: オンディマンド・ストリーミングメディア(ビデオネット配信、DVDメールレンタル)
ザッポスと共に現在注目される企業はネットフリックスです。
オンラインのストリーミングビデオレンタルは1か月$7.99で1か月のフリートライアルがある。 私もアメリカではこのサービスを受けていてタブレット、コンピューター、テレビ等でビデオが24時間見放題となっています。 勿論、最新映画などは見ることは出来ませんが、映画、ドラマ、日本や韓国、中国のものなども充分配信されています。

(注:1)IT用語辞典バイナリ参照
ロケーションベースサービス
別名:ロケーションベースドサービス
【英】Location Based Service, LBS
ロケーションベースサービスとは、位置情報(ロケーション)の活用を中心とするサービスの総称である。
ロケーションベースサービスが実現するサービスの例として、地図上に自分の現在位置を表示させたり、現在地から目的地までの経路を検索したり、近くに友人・知人がいることを知らせたり、近隣の店舗のセール・イベント情報を紹介したり、とった内容を挙げることができる。
ロケーションベースサービスを提供するメディアは「ジオメディア」と呼ばれることもある。代表的なジオメディアの一つとして、米国のSNS「Foursquare」がある。
ロケーションベースサービスを提供するには、位置情報を取得する必要があり、無線LANにおいては無線LANアクセスポイントのSSIDなどが利用されているが、これはプライバシーの観点から問題視されていた。これを受けてGoogleは2011年11月に、SSIDの末尾に「_nomap」を加えることで位置情報の収集を拒否できるようにしたと発表した。

グリーンマンデー

greenmonday

日本に入り、時差ボケとハンバーガーボケでダウン状態です。 やっとエネルギーが出てきたのでそろそろブログも書いていきましょう。 アメリカではビールがウォルマートで36本$19.95(カリフォルニア州ではこれにリサイクル料金やアルコール税が加わり最終$23ぐらいとなります)。 私はこの36本を妻と2人で3~4日で終了します。 日本は普通のビールが高いです。  注意:ハンバーガーボケとは何時も昼がハンバーガーで日本では同じものを毎日食べることが出来ずあまりエネルギーが出てきません。

皆さん、グリーンマンデーを知っていますか? 私もさすがに聞いたことがありませんでした。 今年のグリーンマンデーは12月10日で前年対比10.7%アップと好調と言う結果です。 全体のホリデーショッピングは12月3日までの1週間では7.1%アップ、前年対比12.2%上昇しています。 客数は9.3%アップし、今日までのシーズン全体では昨年と比較して22.5%上昇致しました。
グリーンマンデーとは12月の第2月曜日で、今年は12月10日となりました。 感謝祭後の金曜日がブラックフライデーで一番の稼ぎ時、その後の月曜日がサイバーマンデーでオンラインショッピングの稼ぎ時、グリーンマンデーはその次の月曜日で環境対策日(?)、ではなくてグリーンはお金のグリーン(アメリカでは南北戦争時代、紙幣がグリーンのインクで印刷された)を意味していて、オンラインショッピングの稼ぎ時だという事。 2007年はグリーンマンデーがサイバーマンデーを数字で抜いて1位のオンラインショッピングデーだったので、このグリーンマンデーが定着してきたようです。
2011年のグリーンマンデーの売上が11億3,000万ドル(1,130億円@100円)で今年はその数字と比較して7%アップでした。
サイバーマンデーもグリーンマンデーもオンラインにとっては月曜日が稼ぎ時で、週末店舗でショッピングする人達が多くコンピュータには向かいませんが、月曜日になるとEコマースが活発になるという事です。

日本は寒いですね。 私は昨日新潟を訪問しており雪がかなり降っていました。

ウォルグリーンがロサンゼルス旗艦店オープン

企業名: ウォルグリーン
本部所在地: イリノイ州シカゴ
年商: 716億3,300万ドル(7兆1,633億円@\100)/USA売上
店舗数: 8,300店舗(全米50州、DC、プエルトリコ)
創業: 1901年
walgreenla1
walgreenla2

ウォルグリーンがロサンゼルス旗艦店1号店(西海岸初)、チェーンとしては8,000店舗目をオープンした。 店舗数は自社オープン店舗数と買収店舗、閉鎖店舗などが含まれるので自社としてのオープン店舗と言う事である。
店舗はサンセット通りとバインの角となり旗艦店の品揃えとなっていて、LOOKブティック・ビューティー部門なども含まれる。

店舗概要は各業界紙で説明されているようであるが、私はたまたまこの店舗グランドオープン(2012年12月1日午前10時)前にシーフードレストランに行く用事があり、すぐ裏にあるハングリーキャットという店に入りました。 ロサンゼルスでは珍しい生ガキなどがある本格的なシーフードレストランでした。

(私は来週初めから海外出張で日本にしばらく行くこととなり、ブログは4~5日お休みしたいと思います)

アンスロポロジー

企業名: アンスロポロジー
本部所在地: ペンシルバニア州フィラデルフィア
業態: アパレル専門店(衣料、靴、アクセサリー、ハウスウエア)
創業: 1992年
親会社: アーバンアウトフィッターズ
店舗数: 174店
anthropology

アンスロポロジーとは人間学を意味し、ユニークなデザインや限定物を探している女性に向けて商品を紹介している。
マーケティングのコンセプトは商品を販売するというより、ライフスタイルを販売するという意識で、ライフスタイルカジュアル(ライフスタイルブランドとカジュアルとの間)と呼ばれる。
UOI(アーバンアウトフィッターズ・インク)の会長&社長であるリチャードへイン氏によって1992年にペンシルバニア州ウエインで創業された。 1998年にはメールオーダーとウエッブサイトをスタートさせ、2009年4月に初の海外店をカンダのトロントにオープンした。 2009年の10月にはヨーロッパ市場に進出、ロンドンに1号店、2010年3月にロンドン2号店をオープン。

UOIは年間25店舗以上をオープンし、3年間そのペースを継続してきたが、競争相手であるH&Mなどは中国に13店舗、日本に2店舗を展開しアジア市場に存在感を表し始めているがUOIは現在アジア進出の計画は無くこれからの海外進出、特にアジア市場での展開が注目される。

アーバンアウトフィッターズ

企業名: アーバンアウトフィッターズ・インク
本部所在地: ペンシルバニア州フィラデルフィア
業態: アパレル専門店(衣料、靴、アクセサリー、ハウスウエア)
創業: 1970年
年商: 18億3,000万ドル(1,830億円@100円)
店舗数: 401店
競争企業: ゲス、アバークロンビー&フィッチ、ギャップなど

アメリカ企業であるアーバンアウトフィッターズは5ブランド、アーバンアウトフィッターズ、アンスロポロジー、フリーピープル、テレイン、そしてBHLDNからなる。 スタートは1070年のフリーピープルズストアでファンキーファッションとハウスウエア商品が中心で販売していた。 その後、創業者であるリチャードへイン氏が店舗名をアーバンアウトフィッターズに変更した。 
品揃え商品も変化し、ビンテージ、ボヘミアン、レトロ、ヒップスター、皮肉なユーモア、キッチー衣料など、高級ブランドからデザイナーブランドまで品揃えした家具などを取り扱った。 現在、アーバンアウトフィッターズは全米、カナダ、アイルランド、デンマーク、スウェーデン、ジャーマニー、ベルギー、イギリスなどに170店舗を展開している。

(業務内容)
小売業: 89.3%(対象年齢、取扱アイテム数、平均店舗面積)
アーバンアウトフィッターズ(39.2%)18~30才、35,000~40,000アイテム、9,500平方ft(266坪)
アンスロポロジー(26.4%)30~45才、40,000~45,000アイテム、7,400平方ft(207坪)
フリーピープル(2.0%)25~30才、5,000アイテム、1,400平方ft(39坪)   34店舗展開
テレイン(1%以下)ガーデン用品とプラント(花)の販売
カタログとEコマース: 16.7%
卸業: 4.9% デパートのブルーミングデールやノードストロームなどにも販売
Urban-Outfitters-by-Pompei-A-D-New-York.jpg

(アーバンアウトフィッターズ、ニューヨーク店)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。