ブランド推薦は友人からが70%

forrest2
forrest1

友人から推薦されたブランドを買うという人達が70%を占め、口コミがいかに有効かを示している。
調査会社のフォレスターがレポートを発表し、小売業ブランドを友人からの推薦で購入すると回答した人が70%となった。
残りは、10%が伝統的な宣伝を信じてブランドを購入としているが、個々のブランドと言う意味はヨーロッパブランドだとかと言う意味ではなく、通常の小売業ナショナルブランドも含まれている。
ブランド会社からのテキストメッセージを信用する人が9%、消費者からの批評コメントを信じる人達が46%だそうだ。 いかにソーシャルメディア等が影響力を持ってきたか。 

あなた、あなたの店もブランドと考えよう!

グラフは上がアメリカ、下がヨーロッパ、

1.友人や家族からのブランドや商品の推薦      70%(アメリカ) 61%(ヨーロッパ)
2.プロが書いたオンライン上の批評や消費者レポート 55%(アメリカ)33%(ヨーロッパ)
3.消費者が書いたオンライン上の批評        グラフでチェックして下さい、以下同様
4.サーチエンジンの結果
5.企業やブランドのウエッブ上情報
6.スポンサーのサーチエンジン結果(グーグルやBingなど)
7.企業やブランドのオンラインショッピングサイト
8.SNSなどへの企業、ブランドからの投稿(フェイスブック、ツイッターなど)
9.同じくアプリなど利用
10.ウエッブ上の宣伝
11.企業やブランドからのテキストメッセージ


ゴルフ英語に興味がある方は(1)ゴルフの英語 ①マスターズ (私のゴルフ英語へ続く↓)
スポーツでの英語

コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。