マスターズの優勝はプレーオフに

  • カテゴリ:ゴルフ
  • コメント:0件
  • トラックバック:0件
masters13-2
masters13-1

石川遼は既にホールアウトして今日68で回りました。 もちろんすごくいいスコアで、自信がついたのではないでしょうか。 今日の天候は曇りのち雨で、石川の時は未だ雨もなく湿ったグリーン、又誰も回ってきていないのでクリーンなグリーンで問題なくプレーしたようです。 日本人は遅いグリーンが得意でしょう。 タイガーウッズも3日目からのプレーを引きずり、調子が出ないままそれでも5アンダーでフィニッシュ。 トッププレーヤーは勝だけを考えていますので2,3位では関係ないでしょう。 マッキロイやミケルソンももうあきらめていますので凄いスコアは出てきません。 その点、石川はマスター最終日でアンダーをマークして非常に良かったと思います。 ただ順位は上がっても勝つには試練が待っているような気はします。 キャロウェイに移って、アメリカツアーに集中し、少しずつ慣れてきたのは正しいコース選択で、もっと若い日本のプロがアメリカツアー(女性も含めて)出てきてほしいと思います。
日本LPGAは金ナリが優勝でまたもや韓国勢、花屋敷18番の相手バーディー後でボギーを出せない中、あの3打目のチッピングは100点です。
とにかく勝つのが当然と言ううまさです。 森田理香子もチッピング、パッティングとショートゲームが非常に悪いと感じました。 パットも非常にボールに接近したヘッピリ腰パットであれでは入りません。

オーストラリア人(グレッグノーマンも優勝できないマスターズ)が勝ってないマスターズでアダムスコット(タイガーウッズのスイングをコピーして話題になり、PGAで上ってきた)、又女性トラブルの中、タイガーと一緒にマスターズに勝ってきたキャディーのスティーブウィリアムス(彼もオーストラリア人)を放出し彼はアダムスコットのキャディーとなりました。 18ホールバーディーで9アンダーとしてアルゼンチンのカブレラとのプレーオフとなりました。
カブレラのPGA2勝はUSオープンとマスターズのメイジャーのみで、又マスターズに勝てば記録です。 アダムスコットのバーディーで9アンダーが優勝すると思った瞬間、カブレラが又18ホールでバーディーを決めプレーオフとなりました(カブレラはプレーオフでマスターズを勝っています)。

もしアダムスコットが勝てば長いパターは完全にアウトになってしまうでしょう。
メイジャーで長いパターがかなり勝ってきていますので。

アダムスコット優勝!

カブレラ優勝!

プレーオフへ(続く)
プレーオフ18番ホール
両プレーヤー、セカンドが少しショートでチッピング、パー

プレーオフ10番ホール
セカンドショットが両プレーヤーグリーンへ、カブレラ惜しくもバーディーを逃す。
アダムスコットがバーディーパットを見事に決め優勝

アダムスコット優勝おめでとう! 特にキャディーの功績は大きい。

これでロングアンカーパット完全禁止になるでしょう。

コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。