FC2ブログ

ボストン大惨事、進出小売業に影響

boston5-1
boston4
boston1

今朝のニュースはボストンマラソンでの爆発騒ぎでテロの可能性が高まっています。 それも誰も考えたことが無いようなボストンでの出来事です。テロを認めるとややこしくなるので最後まで認めないでしょう。
ボストンマラソンのフィニッシュラインが673 Boylston Street(673ボイルストン通り)でした。 詳しくはニュースで報道されるでしょうが、117回ボストンマラソンで日本人も参加していたようです。 もちろん歴史のある有名なボストンマラソン、又観光都市でもあるボストンで私も今朝小売業のボストン進出をブログに書こうと思っていた矢先です。 ボストンはハーバード大学、
ジョンFケネディーのお膝元でケネディー大統領図書館やボストン美術館でも爆発があったようなことを言っていますが、詳しくは分かりません。

ボストンは視察で年間2回訪問していた都市で、当時はスポーツを担当していましたのでボストン郊外のコンバース本社(バスケットボールシューズなどの靴会社)を訪問していましたが、よく滞在していたのがシェラトンホテル・コップリープレイスで爆発現場は非常に近く、ボイルストン通りはよく夕食などで出かける目抜き通りで小売業、レストラン等が林立しているメイン通りです。
(詳しくはニュースを見てください)

さてそのボストンに進出しようと思っている食品小売業などが今日のテーマで、ボストンに最近オープンしたのがホールフーズ(自然食、オーガニック食品スーパー業界1位)と地元ローカルチェーンのロチェブラザーズ(メトロ地区に15店舗ほど展開、オーガニックや自然食もフィーチャーしている)。
デモグラフィックがタイトなボストン地区では大型スーパーと言うよりは比較的コンパクトな店舗が中心となる。 

撤退したジョニーズ・フードマスターの居抜きで6店舗を進出させようとする
テキサス州オースティン本部のホールフーズは1号店を先週オープンさせた。
ブルックラインにオープンしたのは8,000平方ft(224坪)の小型店舗。
これに対する地元ローカルのロチェブラザーズは新コンセプト(名前はまだ決定されていない)の9,000~19,000平方ft(252坪~532坪)をオープンさせる予定。 生鮮を強化した売り場づくりだと社長はコメントしているので、ニューヨークに進出、マサチューセッツにもターゲットを当てたウェッグマンズと今回の自然食ホールフーズとの競争をかなり意識した回答である。

グラフはボストン地区進出の小売業と市場占有率、店舗数を2012年、2013年の比較で表している。
bosuton2

小型と言う割には大型店舗も進出しており、会員制卸売りクラブのBJ‘Sやコストコ、量販店のウォルマートやターゲットなども数字を伸ばしてきている。
もう一つの大型店舗グループは食品でウェッグマンズとディムーラス・マーケットバスケットである。
ホールフーズとロシェブラザーズがメトロをターゲットにしているのに反して、ディムーラスはその外側で大型店舗、ディスカウント戦略で店舗作りをしていてシェア率を前年対比17.9%アップとしている。
シェア率1位のオランダ、アホールドUSA傘下のストップ&ショップ、その次がマーケットバスケットですので外側と内側の一騎打ちが起こっています。

米国食品小売業市場トップ10が2013年に入って変化してきています
(続き↓)
boston3

10 KEY MARKETS

1.ボストン(マサチューセッツ州)
2.シャーロット(ノースカロライナ州)
3.ヒューストン(テキサス州)
4.ロサンゼルス(カリフォルニア州)
5.ミルウォーキー(ウィスコンシン州)
6.オマハ(ネブラスカ州)
7.フィラデルフィア(ペンシルバニア州)
8.ピッツバーグ(ペンシルバニア州)
9.サクラメント(カリフォルニア州)
10.タンパ&セントピータースバーグ(フロリダ州)

コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。