FC2ブログ

テスコ、フレッシュ&イージー米国撤退決定

テスコアメリカから撤退

tescoexit2
tescoexit1

2013年4月17日(水)米国ビジネスを放棄するという決定を下し、199店舗、35億ドル(3,500億円@100円)規模のビジネスを償却する。 アメリカ市場での競争相手がどこであったか明確ではないが、トレーダージョーであれ、ウォルマートであれ、結局非常に無理があったオペレーションで、その為に業界が小型フォーマットに走り、各社実験店を拡大させてきた。
買い取り先は1社になるのか、複数になるのかわからないが、多くの興味が集まっているとフレッシュ&イージーは発表している。

最終的に会社&店舗譲渡プロセスは3か月ぐらいかかる予想で、テスコとしては切り売りではなく一括で販売したい意向。

これによって米国食品小売業の勢力地図が大きく塗り替わるのは明白で、一気にスモールフォーマットが拡大される予想もできる。

コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。