FC2ブログ

アメリカンステーキハウス、ルースクリス

ruthchris2

企業名: ルースクリス
本部所在地: フロリダ州ウインターパーク
業態: レストラン、ステーキ
年商: 4億3,000万ドル(430億円@100円)推定
創業: 1965年(ルイジアナ州ニューオーリンズ)
店舗数: 135店

アメリカステーキハウスレストランチェーンでは競争相手のモートンズを抜いて売上高、利益高とも業界1位。 2008年にルースホスピタリティーグループに改名し、フロリダに本部を移動させた。
オリジナルのルース(創業者女性の名前)ステーキハウスは1927年にニューオーリンズでオープンした。 当初はステーキ$5ぐらいの時代で、ルースステーキレストランは高級ステーキレストラン、又従業員は女性のみとなっていた。
ルースクリスのステーキはUSDAプライム(高級ステーキハウスはプライムしか提供していない、通常のチョイスと比較すると約4倍から5倍の値段)を982.2°Cで焼き、260°Cに熱したセラミックのプレートに乗せてテーブルに持ってくる。 その後にバターの0.5オンスサイズを肉の上に乗せて、溶け始めてジュート鳴って完成となる。

2013年の第一四半期の既存店舗成長率は6.6%アップしているが、高騰しているビーフ価格の陰に慎重な構えである。

写真はワシントン州シアトルのルースクリスで、イチローがシアトルでプレーしていた時、ステーキはルースクリスとなっていた。 一方、佐々木はモートンズで、私が店を訪問した際店長が説明してくれた。 自分のワインボトルをキープできるところだったので、佐々木のボトルが置いてあったのを覚えている。

(写真はシアトルのルースクリス)

ruthchris1

コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。