アメリカ流通市場の変化

retailmarket2
retailmarket3

2013年に入り、アメリカ食品流通市場にも変化が訪れています。
西海岸ではロサンゼルス、東海岸ではニューヨークが定番ですが、少し動き始めたアメリカ食品流通市場を再確認してみましょう。 既に、幾つかの町を紹介していますが、全体的に順位を確認します。

1.ボストン
2.シャーロット
3.ヒューストン
4.ロサンゼルス
5.ミルウォーキー
6.オマハ
7.フィラデルフィア
8.ピッツバーグ
9.サクラメント
10.タンパ&セント・ピータースバーグ

ロサンゼルスではテスコの撤退、アルバートソンズの売却、オーナーシップの変化、投資会社のサーベラスなどがロサンゼルス以外にも各地域の流通マップを変え始めました。
低価格競争トップを走るアルディなどの南部侵略、西海岸進出などにも注目されます。
retailmarket4
retailmarket1

コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。