FC2ブログ

ニューヨーク、高いテナント代は世界2位

worldrent2
worldrent1
worldrent3

小売業家賃の高さでは香港に次いで高いのがニューヨークである。
世界小売業市場において常にトップなのが香港で2位ニューヨークの150%となっている。
3位はロンドンで、香港より400%安くなっている。 国際小売業市場において重要なのは、需要(デマンド)、
商品供給力(サプライパイプライン)となり、家賃が決定していく。 
2013年、香港は1平方ftの年間家賃が$4,328、ニューヨークが$2,970、ロンドンが$1,053、パリが$1,050、となっている。 ニューヨークの新しい地域は家賃が安めなのに比べて、プライムと言われる5番街、49丁目から59丁目が高くなっている。 シドニー、メルボルン、ベイジン、日本などのアジア・パシフィック地域ではスペースが限られるため家賃は維持されているようだ。 シドニーは$1,018となっていて、米国などからの進出が多くなってきている。

1坪月間家賃は香港で約130万円、ニューヨークが88万円、日本の一番高い場所で約34万円

コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。