(89)小売業のRFID

rfid3
rfid1
rfid2

RFIDが発達すると小売業のレジなども無くなるのでは。 商品の情報管理が簡素化され、バックルームから商品が売場へ運び込まれると自動的に在庫が計算される。
小売業のサプライチェーンの最初から最後までの在庫管理が可能となる。 実際使用しているウォルマートなども何度となくバックルーム視察を行っているが、実際肉眼で確認することは不可能である。

(IT用語辞典参照)
アールエフアイディー
RFID(RADIO FREQUENCY IDENTIFICATION)
微小な無線チップにより人やモノを識別・管理する仕組み。流通業界でバーコードに代わる商品識別・管理技術として研究が進められてきたが、それに留まらず社会のIT化・自動化を推進する上での基盤技術として注目が高まっている。
耐環境性に優れた数cm程度の大きさのタグにデータを記憶し、電波や電磁波で読み取り器と交信する。近年ではアンテナ側からの非接触電力伝送技術により、電池を持たない半永久的に利用可能なタグも登場している。 タグは、ラベル型、カード型、コイン型、スティック型など様々な形状があり、用途に応じて選択する。通信距離は数MM 程度のものから数Mのものがあり、これも用途に応じて使い分けられる。
将来的にはすべての商品に微小なRFIDタグが添付される可能性がある。食品を買ってきて冷蔵庫に入れると自動的に識別し、保持している食品のリストを作ったり消費期限を知らせたりするインテリジェント冷蔵庫などのIT家電が構想されている。



コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。