FC2ブログ

(90)電子価格ラベル

esl1
esl2
esl3
esl4

ELECTRONIC SHELF LABELS(エレクトロニック・シェルフ・ラベル)ESLは商品価格を正確に最新の数字に表示していく頭痛無しの近代製品に思える。 ヨーロッパ全域やアメリカ西海岸などで使用されているが、その他の地域では限定的なものでしかない。

ESLは店舗全体のネットワークに接続し、小売業のPOSシステムと交信、本部から各店舗へ同時に最新価格を店舗のラベルにダウンロードしていく。
又、商品の栄養素、ユニット価格、レシピなどの追加商品情報などもタッチスクリーンのインターフェイスによってディスプレイできるようになっている。

バッテリー技術の向上や経済的な循環でESL原価そのものは格段と引下げられてきたが、導入コストがかなりかかってしまう。 時間が解決すると言ってしまえば簡単です。

最初にESLを店舗で確認したのは10年以上前で、最新技術導入を得意としていたアメリカ西海岸大手スーパーマーケットチェーンであった。
他の店舗へ浸透していくのかと思われたが、逆にその店舗からも消えてしまった。 現在使用している企業はホールフーズの限定部門のみESLを使用している。

コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。