(100)ゴディバ・チョコラティアー

godiva5
godiva4
godiva3
godiva2
godiva1

企業名: ゴディバ・チョコラティアー
本部所在地: ニューヨーク州ニューヨーク
業態: チョコレート小売業
創業: 1926年
店舗数: 直営600店、その他10,000店舗にて販売

近年、ゴディバが行っている事は、非常に困難な仕事だと思われる女性にもっともっとチョコレートを食べて頂くと言う事。
無意識に高級チョコに手が出るような戦略を考えています。 80年の歴史があるゴディバブランドのブランドイメージを低下させて失敗する可能性がある、ゴディバをスーパーマーケットの棚に品揃えすると言う事です。
一般のプレッツルやエクスプレッソビーンズなどに高級チョコをコーティングしたりするようなことも始め、ゴディバの味を一般の消費者に味わっていただくと言う努力を始めました。
ゴディバが身近なところで食べられるようになってきたら是非食べてみて下さい。

これでやっと100項目が終了いたしました。 取りつかれたように100項目を追っていくと様々な変化した小売業の環境が理解できました。
面白くなかったかと思いますが、これでやっと他の事が書けます。 付き合って頂き感謝しています。

以下はスタートした時のオープニングのタイトルと説明です。

2012年度小売業顧客エクスペリエンス100

現在の消費者やビジネスはスマートフォーン、タブレット、その他ワイファイデバイスに頼り切っていて、個人や商業アプリケーションに利用しているのが現実である。 ワイファイ・インフラストラクチャー(通信基盤)を利用して個人へのプロモーションやインストア・クーポンなどのサービスを可能にするようになってきました。 この100の顧客環境トレンドはモトローラ社が発表した2012年度バージョンをご紹介します。 その中にはトレンド、テクノロジー、ブランド、戦略、人々、など小売業にインパクトを与えている100の項目です。
今年の特徴は小売業が2~3年前とまったく違ったものに変化したと言う事です。 リストのトップ2を見てみると、1位がアマゾンで、アマゾンは2位のアップルが音楽業界を変えてしまったようにブリック&モーター(ブリックは煉瓦、モーターはモルタルの英語発音で実質店舗を意味します)を切り取ってしまいました。 昨年1位の経済は今年のトップ5ですが、まだまだ我々の上に影を落としています。 少し期待が持てるのはトップ30にティファニーやニーマンマーカス、ノードストロームが入ってきている事と、マルチチャンネルやMコマース(Mコマースとは、Eコマース(電子商取引)の一形態で、特に携帯電話を利用した電子商取引のこと)が実質身を帯びてきたという事です。 これからの子供はオンライでしか買物しないと言われています。 このリストを眺めながら、自分たちの方向性を考えてみてください。

(読んだ人もいると思いますが、100項目(社)を解説していきたいと思います)

コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。