アメリカのアパレル業界1

apparel1-5
apparel1-4
apparel1-3
apparel1-1

アパレル店は衣料、フットウエア、アクセサリーを消費者に販売する。
小売産業の1部門でアパレル企業は独自の衣料ブランドを製造販売する。 会社の中にはサードパーティー(第3者)の商品を販売している。

アパレル店は通常スペシャルティーアパレル小売業と呼ばれる。 
理由は同一テーマ商品を特別タイプの顧客に販売することに焦点を当てる為である。 

例えば、アバークロンビー&フィッチはティーンエージャーや大学生消費者に伝統的なファッション、「プレッピー」に特化している。

しかし、これらのグループの中にも顧客ベースを広くとる企業もある。
例えば、ギャップでアパレル小売業の中でも大型企業であり、3つのデモグラフィック(人口動態)に焦点を当てている。 ギャップ、バナナリパブリック、オールドネイビー、グループの年商1兆6,000億円を突破している。

1. プレッピー【preppie/preppy】
米国の有名大学をめざす進学専門の私立中学・高等学校(プレパラトリースクール)の生徒の俗称。→プレップスクール
1. preppy
[名][形]((米略式))prep schoolの学生[卒業生](の). ▼「お金持ちのお坊っちゃん」という含み.
2. preppy look
プレッピールック:アイビー調の服装.

コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。