ザラ、ファストファッションがギャップを圧迫

zara3
zara4
zara5
zara2
zara1

ファストファッションブランドのザラやその他企業がギャップを圧迫し始めた。
1990年代、ギャップは様々な点で優位に立っていた。 サイズ、ブランドの認知度、長年の家主やベンダーとの関係など。 現在は、しかしながらその壁が低くなり、商品品揃えテクニックなどにより、H&M、Jクルー、ザラなどの競争ブランドが優位に立ち始めた。

ザラはファストファッション特有の最新ランウェイトレンドをコスト意識の高い消費者に低価格で提供することが出来る。
ハイファッション性により、ギャップなどのアメリカ伝統的なブランドから顧客を奪い始めた。
ザラは特にギャップのベーシックブランド(これはユニクロもそうであるように)を真似ながら大衆消費者にアピールする。

ザラの強みはそのロジスティックスにあり、実際のスケッチから商品化するのに2週間。 通常の業界標準では9か月かかってしまう。

ギャップは競争する為に、在庫を最小に保ちながら、セールやプロモーションで利益率を下げることを避け、広告などの削減も同様に行ってコストをカットしている。


コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。